孔雀画廊
日本人画家

志村立美 (Tatsumi Shimura)・・・売却済み

  • 作品名: 口紅
  • 技法: 木版画
  • 画寸: 巾44cm×縦36cm
  • 額寸: 巾67cm×縦60cm
  • 価格:
  • 備考: 群馬県高崎市生まれ、その後横浜市中区へ移住する。 1924年(大正13年)山川秀峰に入門美人画を修める。 山川秀峰、伊東深水らの主宰する青衿会等へ出品をする。 その後主婦の友・婦女界などの雑誌口絵などでその名を知られるようになり、林不忘原作の丹下左膳の挿絵などで岩田専太郎と並ぶ人気画家となる。晩年、挿絵での活動を休止し、本来の立美の原点である日本画、美人画への回帰をしていく。 出版美術家連盟会長などをつとめ、1976年(昭和51年)作品集『美人百態』で日本作家クラブ賞を受賞する。

志村立美-3

志村立美-4

志村立美-5

志村立美-2

志村立美-1