孔雀画廊
掛け軸

森 白甫 [Mori Hakuho]……売却済み

  • 作品名: 寒中南天
  • 技法: 日本画
  • 本紙寸法: 130×42cm
  • 全体寸法: 224×58cm
  • 価格: 売却済み
  • 備考: 掛装、紙本、共箱

mori_hakuho

略歴

森 白甫 Mori Hakuho [1898-1980]
1898年(明治31)東京浅草に生れる。父は日本画家森白畝。
1916年(大正5)荒木十畝の画塾「読画会」に入門、花鳥画を学ぶ.。
1925年(大正14)第6回帝展に《巣籠る鷺》が入選。その後の帝展では1931年(昭和6)《海辺所見》、33年(昭和8)《池心洋々》で特選を受賞した。
1939年(昭和14)第3回新文展に出品した《錦鱗》など、清新な色調による花鳥表現を追及。戦後は日展に出品。
1957年(昭和32)第13回日展出品の《花》で日本芸術院賞を受賞。
1978年(昭和53)日本芸術院会員となる。また多摩美術大学で長く教鞭をとり、『日本画の技法』(1947年)などの著作がある。
1980年(昭和55)死去。

森白甫森白甫森白甫